加藤潤一さん

平成28年10月委嘱
立田地区(グリーンツーリズムの推進)

加藤 潤一(かとう じゅんいち)

2016年10月からいなべ市藤原町立田地区で,地域おこし協力隊としてグリーンツーリズムを推進する活動を行っています。地区の住宅をお借りして,妻と二人で暮らしています。

1974年に桑名市で生まれ,高校卒業まで過ごしました。子どもの頃は揖斐川や員弁川の河口でハゼ釣りをしたり,員弁川でアユやアマゴ,シラハエと遊んだりしていました。その員弁川の上流部へとやって来たのも何か運命的なものを感じます。

以前からグリーンスムージーワークショップと食生活改善カウンセリングを行っていました。また,里山の整備活動にも参加し,野遊びやクラフトなどにも積極的に取り組んでいました。

「移住しませんか?」

ある時,立田に住む方から声をかけていただきました。自分の活動や経験を活かして地域おこし協力隊として立田で活動してみないかというお誘いでした。どうしようか悩んだような,悩まなかったような,気持ち的にはほとんど即決だったような気がします。呼んでもらえるなんて,こんな嬉しいことが他にあるだろうか,と素直に思いました。

そのようなわけで,立田を拠点に活動をさせていただいています。主な活動としては,立田公園の整備と森の利活用,食生活改善のアドバイスを含めたグリーンスムージーワークショップ,竹林の整備と竹炭焼き,そして、柿の木の手入れをさせていただいています。公園の落ち葉と竹炭を利用した堆肥作りやも計画しています。

山里でのこれらの活動をつなげ,資源や人と知恵の連携と循環を図るため,『秀真の里大学』と称して「癒し」「学び」「創造」「里育」をテーマに,環境整備,健康福祉,農,教育の分野で,山里での暮らしと野遊びを,大人も子ども一緒に楽しみながら活動することで,地域づくりの一端を担えればという思いで取り組んでいる次第です。

活動が出来ているのも地域の方々のご理解あってこそのものです。心温かい方々に囲まれながら活動させていただいていることを幸せに思います。

 

僕の活動を通して、地域資源の再認識が進み、この立田を訪れるリピーターやファンが生まれ,住みたいと思っていただける方が増えればいいなと思います。

ブログ「ジェイドグリーン」http://jadegreen.officialblog.jp/

Facebook「加藤潤一」https://www.facebook.com/jun1katoh

Facebook「秀真の里大学」https://www.facebook.com/hotsumanosatodaigaku

 

『ツリーイング木のぼり体験』(2017年3月26日)